Navel Orange

Actions louder than the words

Browsing Navel Orange blog archives for February, 2012.

Weight a minute

子供の頃から抱いていた疑問のひとつに「重量挙げ」がある。実際に挙げるものはバーベルなのに、なんでそれを「重量」と表現しているのか、と。重量って重さとか重みのことでしょ。重さを挙げるってどういうこと?

この謎が今日、氷解した。これって「ウェート・リフティング」の直訳なんだと。ウェート(weight)は確かに重量や重さの意味を持つ単語だが、名詞だと「重いもの・分銅・バーベル」を表わす。確かに、紙を押さえる小物のことをペーパー・ウェートって言うもんな。でも誰だよ、成績の悪い中学生レベルの直訳をしたヤツは。

Resume sleeping?

即席バンドを結成してセッションで曲を作り、それがそのままリリースされて結構売れる。という夢を見た。僕が作った曲は割とキャッチーで、コーラス部分がずっとリフレインして耳に残るものだったが、いかんせん起きたらまったく思い出せない。

No skin off my nose

対岸の火事という言葉があるが、逆もまた真なりだと思う。

縁もゆかりもない遠い国の人々がどえらい目に遭ってるという事実は、ニュース報道などの媒体を通じて日々届けらている。直接の知り合いではないがゆえに、大抵はその辛さ哀しみを慮ることはできない。しかしながら逆説的にというか、そういう境遇に自分が置かれていないという事実を受け止めることはできるし、むしろ「そうじゃない自分はラッキーだ」と思うこともできるだろう。

何が正しくて何が間違っているか分からない昨今、逆説的に自分の境遇を肯定する自由ぐらいは許してくれてもいいんじゃないかな。当事者に実害が及ぶわけじゃないし。