Navel Orange

Actions louder than the words

Browsing Navel Orange blog archives for April, 2012.

We are three recorders

えっと、どこまで書いたっけ。そうそう、スカパー!光のチューナーを疑ったところまでね。

スカパー!に対応したチューナーは数あれど、スカパー!光HDに対応したものはHUMAX製SP-HR250Hの1機種しかない……と思い込んでいたのだが、先日ふと番組情報誌を眺めていたら、最近になってパナソニックも対応チューナーを用意していることが判明。しかもこちらはHDD内蔵。つまり、録画もできるチューナーというわけだ。320GBと容量的にはちと物足りないが、Wチューナー搭載で録画しながら別の番組を見ることも可能。月々のレンタル料金も500円しか上がらない。早速というか、すぐにチューナー変更の電話をかけちゃいましたよ。

で、新しいチューナーが届いたのが今月の20日で、すぐにセットアップ。ありがたいことに2週間は全番組が無料で視聴できる。じつは昔の録画番組のサルベージ目的で中古のRD-X5もオークションで入手しているため、我が家にはハードディスクレコーダーと呼べるものが都合3つも並ぶことになった。

で、チューナー交換してから気づいたんだけど、このチューナーの内蔵ハードディスクに録画したコンテンツをRD-X9にダビングすることはできないんだね。ネットワークダビング機能を利用するには「スカパー!ダビング」対応ロゴマークのついた録画機器が必要とのことで、RD-X9は残念ながら対応機器には含まれていない。それを知らずにチューナー側のハードディスクにいくつか番組を録画しちゃったんだけど、まぁ見たら捨てる類の番組だったから問題なし。スカパー!ダビングには未対応でもネット de レックは利用できるので、DVD-Rに焼く可能性があるコンテンツに関しては、今までどおりネット de レック経由でRD-X9の内蔵ハードディスクに録画すればいい話である。

さらに、だ。RD-X9とRD-X5はネットワーク経由でダビング可能なので、とりあえずDVD-Rに焼くと決めたコンテンツはまめにRD-X5にコピー(ムーブ)することにした。RD-X5は番組録画に使っていないので、録画予約を気にすることなく「DVD焼き」に専念できるメリットがある。

で、RD-X9の中身を空にできたら、全削除の初期化を試してみる予定。

To init or not to init, those are two alternatives…

ひとつ前のエントリの続きね。

RD-X9は外付けのHDD(USB HDD)を増設できるので、一旦データを待避してから本体の内蔵ハードディスクを初期化してみようと考え、近所の量販店にて2TBのHDDを1万2980円で購入。結構な時間がかかったが、なんとか全データをコピー(一部のコピー制限コンテンツはムーブ)できた。しかしながら、内蔵ハードディスクを初期化しようとした時点でふと疑問が。初期化後にUSB HDD(の内容)を認識できるという保証がないじゃないか、と。

東芝のサポートセンターに電話して訊いてみたところ、まず返ってきたのが「認識されなくなります」というシンプルな回答。おいおい、困ったぞ。勇み足で無駄な買い物しちゃったな。というか、一連のトラブルがなんにも解決できないじゃないか。

ところが、しつこく食い下がったところ、少し突破口が。じつはRD-X9の「初期化」には「番組表とライブラリを保持」と「全削除」があり、前者を選択すればUSB HDDも問題なく認識・利用できるそうだ。なんでそれを先に言わずに一方的に「ノー」とだけ言うかな、と嫌味のひとつでも言いたいところをぐっと我慢し、承知の旨を伝えて電話を切った。

さて、内蔵ハードディスクを初期化(もちろん全削除じゃないほうね)し、すぐに見たいコンテンツだけ戻して数週間様子を見続けていたのだが、件の症状はほとんど変わらず。というか頻度が高くなった気もする。これは全削除しか道がないのか。それとも……。

冷静になって問題を切り分けてみる。今回のトラブルは「録画失敗」と「再生不良」の2つ。録画失敗は、ネット de レック経由と内蔵チューナーの両方で起こっているが、どちらかといえばネット de レック経由のほうが多いように感じる。また、再生不良に関しても、完全に再生できなくなる場合と、しばらくすると問題なく再生できるようにな場合がある。思うに、少なくとも録画失敗に関しては、スカパー!光のチューナーにも原因があるんじゃないか、と。

しつこいようですがこの話、続きます。

To init or not to init, that is a question…

現在の我が家のCS環境はスカパー!光HDである。が、このスカパー!光HDのチューナー(HUMAX製SP-HR250H)が扱いにくく、どうにかならんものかとずっと思い続けている自分がいる。

さて、今年に入った頃からだろうか、ハードディスクレコーダ(RD-X9)が時々予約録画に失敗するようになってきた。しかも不思議なことに、ネット de レック経由のスカパー!光HDとRD-X9の内蔵チューナーの地デジの両方で発生する。ネット de レック経由だけならネットワーク障害、内蔵チューナのみなら本体の故障を疑うところだが、両方というのはたちが悪い。

ちなみにというか、予約録画の失敗以外にも、録画番組の再生時にコマ落ちしたり突然止まって再生できなくなるトラブルも発生していたため、なんとなく内蔵ハードディスクの不良を疑っていた。しかしながら、まだ見ていない番組が1TB以上も保存されている内蔵ハードディスクを初期化するわけにはいかない。とはいいつつも、状況は日に日に悪化しているようにも見える。いつクラッシュするか分からないという爆弾を抱えたまま騙し騙し使い続けるか、それとも過去の録画番組をすべて捨て去って初期化するかという究極の二者選択。これは相当に悩ましい。

で、どうしたか? 引っ張るわけじゃないけど、この話、続きます。