Navel Orange

Actions louder than the words

Browsing Navel Orange blog archives for December, 2013.

It never rains but it pours

いろいろ落ち着いたので、今週前半の出来事を一応記しておく。

1日の日曜日の昼に実家の母から電話があり、祖母が脳梗塞で病院に運ばれた旨を聞かされる。幸い命に別状はないが、高齢(なにせ94歳)ゆえ手術するという選択肢はないらしく、血栓を除去する処置をした直後だという話であった。なんとなく先に察しがついたというか、母が言い出す前に「とりあえず明日、帰るわ」と告げる。

仕事の関係各所に連絡し、手元の用事をあれこれ済ませて新幹線に飛び乗ったのが2日の11時17分。いや、品川駅には11時前に着いていたのだが、目先ののぞみは2本先まで満席。3本先はひかりで4本先が11時17分ののぞみだったが、そのどちらに乗っても京都駅を13時25分に発車する特急列車に乗れないので、次の特急まで京都駅で約1時間も待つことに。まぁでもそのほうが目的地の東舞鶴駅まで乗り換えなしで行けるからオーライなんだけどね。

祖母がいるSCU(脳卒中集中治療室)は面会時間が17時からということで、一旦実家に帰って一緒にタクシーで病院へ向かった。祖母は意識がなく、こちらの呼びかけにも反応してくれなかったのが残念だったが、思いのほか元気そうだった。とりあえず僕がこちらにいる間に主治医の先生と話がしたかったので、その旨を依頼してこの日は家に戻った。そしてその夜、看護師さんから電話があり、先生には翌日の夕方に会えることになった。

翌日の3日、先生から詳しく話を訊いた。発症時期は1日の朝7時10分頃で、病院に運ばれてきたのが9時過ぎ。発症直後ということで血栓溶解療法を行なう。これにより新たな出血は起こらなかったが、右脳の一部(割と大きめ)の壊死は止められず、また、運動機能を司る部分にも及んでいるため左半身に麻痺が発生している状態。今日現在も意識レベルは低いがまだ急性期のため、来週あたりに今後の療法について方針を決める予定である。が、脳の壊死状態から見てなんらかの後遺症は残るであろうとの所見。また、高齢ゆえ合併症を併発する危険もあるとのこと。母は何度か訳の分からないことを質問していたが、気は確かに持っていたように見えた。

滞在中に祖母と話すことはままならなかったが、とりあえず仕事が溜まってしまうため4日の早めに東京へ戻った。その後の経過について、母からは特に連絡はないが、年内にもう1度ぐらい帰省する可能性はありそうだ。

Where might is master, justice is servant

そういえば昨晩、妙な夢を見た。よく電車内で見かける、日能研の「シカクいアタマをマルくする」という広告。夢の中の僕はそれを眺めていた。確か、こんな問題だった。

衆参両議院での採決をサイコロで決めた場合、最終的に法案成立となる確率は何パーセントか? サイコロの目が4以上だった場合を賛成多数とするが、衆院への差し戻し時には5以上を賛成多数とする。

算数なのか社会なのか分からないが、夢の中の架空の問題ゆえご容赦いただきたい。一応念のため解説しておくと、我が国の国会では法案はまず衆議院にて審議され、議席の過半数の賛成を得て通過すれば、続いて参議院にて同様に審議される。が、参議院で否決されても、今度は衆議院に差し戻され、議席の3分の2の賛成が得られれば最終的に法案成立となる。これは衆議院の優越と呼ばれるシステムであり、憲法第59条に規定されている。

衆議院可決後に参議院で否決され返付された(又は修正議決され回付された法律案への同意を否決した場合の)衆議院議決案を衆議院で出席議員の3分の2以上の多数で再可決すれば法律となる。衆議院可決案の受領後60日以内に参議院が議決しない場合、衆議院は参議院が法案を否決したとみなすことができる。

ともあれ、問題を解いてみよう。まず最初に衆議院で可決される確率と否決される確率は50パーセントづつである。否決されればそれまでなので、可決された場合のみ参議院へ移される。参議院でも可決される確率と否決される確率は50パーセントづつだが、この時点で「否決」「可決後に可決」「可決後に否決」の3パターンが考えられ、さらに「可決後に否決」は参議院に差し戻されるので、最終的には (1) 否決、(2) 可決後に可決、(3) 可決後に否決して最終的に否決、(4) 可決後に否決して最終的に可決、の4パターンになる。(1) と (3) が否決で、(2) と (4) が可決の事象(でいいんだっけ?)だ。文章で考えると分かりにくいが、円グラフのような図で考えると非常に分かりやすい。

衆参両院での可否の割合

図のオレンジの部分が可決であるから、4分の1と12分の1の合計で3分の1。つまり、解答は約33パーセントである。

ちなみに、衆参両院の出席議員の賛成と反対の意志が半々だった場合も、同じ結果になる。個々の議員の考えが偏りがなくものすごくフラットであるならば、法案が成立しない可能性のほうが成立する可能性の2倍もあるわけだ。

でも、無理やり通っちゃうんだよなぁ。