録画した「たけしの超常現象スペシャル」を見たが、UFOだの宇宙人だのが存在すると主張するならまだしも「実際に見た」と言い切ったりするから、アンチオカルトなゲスト陣に嘘つき呼ばわりされるわけだけど、もしかしたら彼らは本当に見たと思い込んでいるのかもしれないね。

だって視覚なんてそもそも、脳の当該部分が網膜からの投影画像を認識しているに過ぎないわけで、そういう意味では間違った伝達やエラーなども起こり得る、と。だから世の中に起こり得ないことでも、彼らの視覚的記憶領域においては起きているんだね。

よーく分かるよ。僕にもいろんなものが見えるから。