日々刹那的に仕事をしている身としては、冬場のこの日没の早さは精神衛生上よくない。「あたたかかったのにすぐ真っ暗」という日はことさら。寒い日とて同じことで、仕事がそんなに進んでいないのに気がつけばもう夜だ。

もっとも、1日24時間というのは変わらないのだが、日が没するとなんとなく「急がないと『今日』が終わるよ」と急かされているような気がしてくるから不思議である。これが相対性というやつか。