えっと、どこまで書いたっけ。そうそう、スカパー!光のチューナーを疑ったところまでね。

スカパー!に対応したチューナーは数あれど、スカパー!光HDに対応したものはHUMAX製SP-HR250Hの1機種しかない……と思い込んでいたのだが、先日ふと番組情報誌を眺めていたら、最近になってパナソニックも対応チューナーを用意していることが判明。しかもこちらはHDD内蔵。つまり、録画もできるチューナーというわけだ。320GBと容量的にはちと物足りないが、Wチューナー搭載で録画しながら別の番組を見ることも可能。月々のレンタル料金も500円しか上がらない。早速というか、すぐにチューナー変更の電話をかけちゃいましたよ。

で、新しいチューナーが届いたのが今月の20日で、すぐにセットアップ。ありがたいことに2週間は全番組が無料で視聴できる。じつは昔の録画番組のサルベージ目的で中古のRD-X5もオークションで入手しているため、我が家にはハードディスクレコーダーと呼べるものが都合3つも並ぶことになった。

で、チューナー交換してから気づいたんだけど、このチューナーの内蔵ハードディスクに録画したコンテンツをRD-X9にダビングすることはできないんだね。ネットワークダビング機能を利用するには「スカパー!ダビング」対応ロゴマークのついた録画機器が必要とのことで、RD-X9は残念ながら対応機器には含まれていない。それを知らずにチューナー側のハードディスクにいくつか番組を録画しちゃったんだけど、まぁ見たら捨てる類の番組だったから問題なし。スカパー!ダビングには未対応でもネット de レックは利用できるので、DVD-Rに焼く可能性があるコンテンツに関しては、今までどおりネット de レック経由でRD-X9の内蔵ハードディスクに録画すればいい話である。

さらに、だ。RD-X9とRD-X5はネットワーク経由でダビング可能なので、とりあえずDVD-Rに焼くと決めたコンテンツはまめにRD-X5にコピー(ムーブ)することにした。RD-X5は番組録画に使っていないので、録画予約を気にすることなく「DVD焼き」に専念できるメリットがある。

で、RD-X9の中身を空にできたら、全削除の初期化を試してみる予定。