微妙にタイミングのずれた話題でアレだが、先週金曜日(2010年1月30日)は満月だった。月の満ち欠けは30日周期(正確には平均29.5日周期)で繰り返されるため、この2010年1月は月初と月末に2回も満月が巡ってくるレアな月であった。

まぁ元日が満月というのもレア中のレアだが、この「ひと月に2回目の満月」もレアケースであることに間違いはない。滅多にないことを英語で「once in a blue moon」と言ったりするが、じつはこの「blue moon」こそが「ひと月に2回目の満月」のことである。

レアついでに言えば、今年は3月にもブルームーンが起こる。元日が満月の場合、次の満月は1月30日になるが、さらにその次が3月1日と、これまた月初の満月になるからだ。

そんなレアづくしの2010年だが、次に同じパターンになる年はいつなのか? 専門的になるので詳しくは割愛するが、天文学で言うところのメトン周期(19太陽年=235朔望月)によって予想が可能。その結果、約19年周期でやってくることになる。次は2029年だが、その次は2048年ではない。なぜなら2048年は閏年なので、本来の3月1日が2月29日になるからだ。