時は天正10年6月2日。織田信長の家臣である明智光秀が謀反を起こし、京都の本能寺に宿泊していた主君の信長および後継者の信忠を襲い、自刃させた。ご存知「本能寺の変」だが、それにちなんで6月2日(つまり昨日)は「裏切りの日」とされているらしい。

昨日と言えば、民主党の小沢元代表が「菅降ろし」に賛成し、衆院本会議にて内閣不信任決議案の採決が行なわれた日。それがたまたま「裏切りの日」だったなんて、偶然にしてはできすぎてる。とはいえ、結果的に不信任案は否決されたから、本能寺とは結末が異なるわけだけどね。

もっとも、当時と今では暦法が異なるため、天正10年6月2日を現在のグレゴリオ暦に換算すると1582年7月1日になるとか。

ま、七夕とかもその類なんですがね。