そういえばというか、ここ2〜3年で自分の食事のスタイルがかなり変わってきたように思う。

まず、量ね。さすがに若い頃のようにはいかないまでも、ここのところの摂取量の少なさは異常と思えるほど。特にボリューミーでもない定食や弁当は、ほぼ半分残すのが常。今日も餃子の王将のカニ玉定食のカニ玉を半分以上、ごはんを4ぶんの1ほど残してしまった。お金がもったいない云々よりも、お店の人に申し訳なくて、つい残った食材が少なく見えるように工作してしまう自分がいる。ちなみにというか、ココイチのカレーはライスを一番少ない量でオーダーしてます。

それから、好み。最近気付いたのだが、どうやら僕は具が少ない料理が好きなようだ。それでいて味が単調だと飽きてしまうので、余計にクオリティを求めてしまう。

他にも、鶏肉が基本的に好きじゃないとか、液体に近い料理を好むとか、最近になってようやっと気付いた性癖(?)も多い。いずれにしても、老いのせいとは言い切れないぐらい小食なんだけど、不思議なことに痩せる気配などまったくもってない、と。えぇ、分かってますよ。それがビールのせいだってことは。