大みそかは「大晦日」と書く。晦日とは月末のことで、1年最後の月末だけがこう呼ばれるわけだ。では「みそか」とは何かと言えば「三十日」。ミソジならぬミソカである。でも大晦日のように31日のときもあれば、28日(あるいは29日)の月もある。なのになんで月末=30日と言い切っているのか?

答を聞けばなんのことはない。旧暦に基づいているからだ。月の満ち欠けを基準とする旧暦においては、1ヶ月はすべて30日であり、月末は必ず新月になる。あり得ないことを表す諺に「晦日に月が出る」というのがあるが、新暦の現代においては晦日に月が出るのはごく普通のことである。

また、晦日と書いて「つごもり」と読む場合もあるが、これは月がこもるという意味。逆に月初は月が立つという意味の「月立ち=ついたち」となる。

以上、大晦日に使える薀蓄でした。今日使いそびれたら来年使ってね。