「マイナス金利って何? 借金したら利子もくれるの?」

先日、テレビのニュース番組を見ていた奥様が、急にこう言い放った。いや、正確にはこんな発言じゃなかったかもしれないが、ニュアンス的にはこんな感じ。まぁそう思いたくなる気持ちも分からなくもないというか、実際にGoogleで「マイナス金利 もらえる」をキーワードに検索してみると、「利息がもらえる?」とか「お金がもらえるの?」みたいな文章がやたらと引っかかってくる。

あらかじめ念を押しておくが、ここで言う「マイナス金利」の金利というのは、個人が金融機関に借りるローンやクレジットにおける金利ではない。だから当然、借金してさらにお金がもらえるという夢のような話でもない。昨今ニュースなどで取り上げられているのは、1月29日に日銀が決定会合で発表した、日銀当座預金へのマイナス金利の導入実施である(しかも日銀市場初)。

銀行には市中銀行と中央銀行があり、前者は我々が普段利用している銀行のこと。一方の中央銀行とは、国(場合によっては地域)の金融機構の中核となる機関であり、我が国においては日銀こと日本銀行がそれにあたる。中央銀行には様々な役割があり、紙幣や通貨の発行もそのひとつだが、代表的な役割として「市中銀行への資金の貸し出し」がある。

ここでついに、前述した日銀当座預金(日本銀行当座預金)の登場だ。日銀のウェブサイトに丁寧なQ&Aがあるのでこちらから引用するが、ひとまず押さえておきたいのは、市中銀行が中央銀行に決済用の預金口座を持っていること、である。

では、その日銀当座預金にマイナス金利が導入されるとどうなるのか?

それは「もしも自分が頭取になったら」という設定で考えてみるとよく分かる。日銀当座預金口座には相当な額のお金を預けているから、マイナス金利なんてやられちゃった日にはお金がどんどん出て行くばかりでたまったもんじゃない。この場合の金利は預金額に対する利率だから、その預金額をできる限り減らしたほうが得策。日銀にお金をたくさん預けるのはやめて、そのぶんを民間企業への貸付などに使ったり、国債とかを買って運用したほうがいいんじゃねぇの……みたいな流れに必ずなるかどうかは別として、日銀の偉い人(黒田東彦総裁)はそれを期待して異例のマイナス金利導入を決めたわけだ。まぁその有用性も含め、いろいろ議論を呼んでいるようではありますが。

本来なら日銀よりも先にマイナス金利政策を実施したECB(欧州中央銀行)などの例も含め、その目的や実際の効果などを考察するのがスジなんでしょうが、いかんせん筆者は専門家じゃないので、自分なりに調べてみて理解できた部分をざっくりと書いてみた次第。間違いや至らない部分などあれば、ご指摘いただければ幸いです、はい。