思案六法とはよく言ったもので、ここで我慢するか、それとももうあと少し欲を出して行動するかで悩ましい立場にいる。ドボンは嫌だけど、逃げに走って後悔もしたくない。いやはや、なんとも。