新しい斧を手に入れた木こりがいた。斧の切れ味は抜群で、買った翌日、彼は1日目に10本の木を短時間のうちに切り倒すことができた。2日目は作業時間を延長し、15本の木を切り倒した。さらに3日目、4日目と、彼は日を追うごとに懸命に、そして遅い時間まで木を切り続けた。

ところが、日が経つごとに切り倒す木の数がだんだん少なくなってきた。彼はたくさんの注文を受けていたので、夜中まで一所懸命に頑張った。それでも日ごとに切り倒す木の数は減っていく。見かねた友達が彼にアドバイスした。

「なぜ刃を研がないんだ? 刃がぼろぼろになっているのに研がないから、木が切り倒せないのは当たり前じゃないか」

彼は答えた。

「俺はそんなことをしている暇がないぐらい忙しいんだ。毎日たくさんの木を切らなければいけないんだ」